PHP

defineで定数を定義する - PHP入門

PHP の define を使って定数を定義する方法についてまとめています。

 

定数と変数の違い

定義すると、そのままで変化しない値のことを「定数」といいます。
対して、代入されたものによって変化するのが「変数」です。

定数は、プログラム内部で変更しないデータを利用するときに利用します。

参考

変数については、「変数の使い方」にまとめています。

 

define関数

PHP で定数を定義する場合、PHP 組込み関数 define を使用します。

 define関数の構文
戻り値(TRUE/FALSE) = define(定数名, 値);

以下のように使用します。

 実行結果
PHP is Server Side Programing Language.
PHP can running on Apache.

 

定数名のルール

定数として定義した名前は、先頭に「$」を付ける必要はありません。
定数の命名ルールは特に決まっていませんが、一般的に以下のようなものがあります。

  • 全て大文字で名前を付ける
  • 区切り文字にアンダースコアを使う

 

また、PHP のプログラムでは、予め定義された定数があります。
同じ名前の定数は、再定義することはできません。

参考

予め定義されている定数は、「PHPの予約語一覧」の定数一覧にまとめています。

 

以下のようにすると、定義された定数の一覧を取得することができます。

 

定数の特徴

PHP で定義された定数は、以下のような特徴があります。

  • 定数は PHP プログラムのどこからでもアクセスできる
  • 1度定義した定数は、再定義や値の代入ができない
  • 定数が定義できる型は、文字列、整数、浮動小数点数、論理値のみ(配列は不可)

 

マジカル定数

PHP プログラムで定数を使用するときに、自動的に値が変化する「マジカル定数」と呼ばれる定数があります。
主に、デバッグ時などに使用します。

__LINE__ ファイル上の現在実行している行番号
__FILE__ ファイルのフルパスとファイル名
__FUNCTION__ 関数名
__CLASS__ クラス名
__METHOD__ クラスのメソッド名

 

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SANACHAN

SANACHAN

「生涯一エンジニア」を掲げ、大手グローバル企業でSE/PGとして8年勤め、キャリアアップ転職した現役のエンジニアです。世にあるメジャーな全プログラム言語(コボル除く)を自由に扱えます。一児の父。自分のため、家族のため、日々勉強してます。システムエンジニア、プログラミングに関する情報を蓄積している雑記帳です。

-PHP
-, ,